今春2月の横浜公演で日本に初上陸し、その独特な世界観で話題になったベトナムのパフォーミング・アーツ・カンパニー、ルーン・プロダクションが神奈川に再上陸します。今回は日本初公開の『The Mist』(ザ・ミスト)をKAAT神奈川芸術劇場で上演し、2月に喝采を浴びた『A O SHOW』(アー・オー・ショー)の県内ツアー、小田原、横須賀、大和公演を敢行します。子どもから大人まで世代を超えて楽しめる作品。ベトナムのエッセンスを凝縮したステージは、まさに87分間のベトナム旅行です。

世界中にベトナムの魅力を伝え、多くの人々を虜にしてきた新サーカス。劇場のイスに座れば、そこはもうベトナム!

穂の国ベトナム、朝霧の奥に広がる⻩⾦の世界

べトナム⼈の⽣命の源 “⽶”をテーマに、農村の⽣活を描いたダンス作品です。⼭々から⽥園に⽴ち込めてくる朝霧のなか、稲穂の根が地中深くに育ち、⼤地からの恵みを吸収して豊かに実ることを夢⾒る農夫たちの願いが、独特の⾝体表現を通して語られます。
トレーニングを重ねたダンサーたちのしなやかさ、表現⼒が、農村の暮らし、若者たちの恋、神々への祈りを描きます。伝統⾳楽の演奏も必聴。観客が⼀体となる終幕も⾒事です。

村から街へ〜移りゆくベトナム 変わらない魂

『A O SHOW』の「A」「O」は、ベトナム語の「村(Lang)」と「街(Pho)」の⺟⾳に由来しています。テーマは、ベトナム南部の"農村と都市の暮らし"。ベトナムの素朴な⽣活や⽂化、今と昔をアクロバティックに表現します。穏やかな農村の情景と変わりゆく都市の様⼦が、時にシリアスに、時にコミカルに描かれます。伝統の⽵細⼯を駆使したパフォーマンスがみどころ。約20 種類のベトナムの伝統楽器を操る5 ⼈のミュージシャンの妙技も必⾒です。

ベトナムが生んだ、世界を魅了するパフォーミング・アーツ・カンパニー。制作、スタッフワーク、パフォーマンス、演奏を全てベトナム人が担当。2012年に設立、翌年には代表作『A O SHOW』を初演。その後は、『The Mist』『TEH DAR』をホーチミン市で、『LANG TOI-My Village』をハノイ市で上演し、ロングランを続けています。近年は、サーカスの本場フランスをはじめ、世界中を巡業して高評価を得ており、ベトナム発エンターテイメントとして絶賛されています。

11月、ワークショップ開催決定!
ルーン・プロダクション メンバーの指導によるワークショップを開催します。
詳細は決まり次第お知らせいたします。

チケットかながわ
0570-015-415 (10:00〜18:00)
www.kanagawa-arts.or.jp/tc/

神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー略してマグカルの取組を推進しています。さらに、ラグビーワールドカップ2019TM及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、市町村や関係団体と連携しながら神奈川の文化プログラムを推進しています。
トップへ戻る